ホルモンのバランスで起こる障害【ホルバラ被害】

血液をサラサラに

毎日の食生活で体が作られます。不摂生が続くと、体の健康を害してしまいます。近年は、脂っこい食事を過剰に摂取して体を壊す人が増えています。
肉の脂身や揚げ物といった食品を頻繁に口にすることで、血中のコレステロールと中性脂肪値が上昇します。
血中に血液をどろどろにする悪玉コレステロールが増えると、血栓ができて死に繋がる病気を引き起こしてしまいます。動脈硬化を引き起こし、脳梗塞、心筋梗塞、肺血栓といった病気にならなないように、血中のコレステロールを減少させる必要があります。
中性脂肪が増加すると血中のコレステロールが増えてしまうので注意しましょう。

食事のコレステロール量を減らすという事が重要ですが、それだけでなく血液をサラサラにする効果がある食物を積極的に摂取していくことも重要です。
血液サラサラ効果があるとされているのが、青魚です。サンマ、サバ、アジ、イワシといった魚に含まれているEPAと呼ばれる成分が血液をサラサラにする効果があります。
EPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる脂肪酸で、血中の中性脂肪の量を減らし、血液をサラサラにします。食卓に青魚を摂り入れましょう。
青魚が食卓に無いときは、サプリメントでEPAを摂取するとよいでしょう。血液をサラサラにする健康効果の重要性が注目され、EPAのサプリメントは数多く登場しています。
サプリメントは水だけで手軽に摂取する事が出来ます。続けやすいサプリメントでEPAを食生活に組み込みこみましょう。

↑ PAGE TOP